2019年6月16日(日)

その他スポーツ

スピード高木美「連戦楽しみ」 2月からの欧米5大会へ

2019/1/24 15:33
保存
共有
印刷
その他

羽田空港で取材に応じるスピードスケート女子の高木美帆(24日)=共同

羽田空港で取材に応じるスピードスケート女子の高木美帆(24日)=共同

スピードスケートで2月からの主要国際大会に出場する女子の高木美帆(日体大助手)や男子の新浜立也(高崎健康福祉大)らナショナルチーム勢が24日、羽田空港から欧州へ出発し、高木美は「どのレースでもしっかり走りたい。どこまでいけるか楽しみ」と笑顔で意欲を示した。

高木美は3月上旬までの6週でワールドカップ(W杯)を含め5大会に臨む。五輪同様に種目ごとに争う世界距離別選手権(2月7~10日・ドイツ)では複数距離で頂点を、短距離から長距離まで4種目の総合成績を競う世界選手権(3月2、3日・カナダ)は2連覇を狙う。

短距離2種目の総合で争う世界スプリント選手権(2月23、24日・オランダ)でも十分に戦う力がある。高校生だった2011、12年に出た際はいずれも19位に終わったが、大きく成長。今季は特に肉体強化でスピードが上がり、短距離の女王、小平奈緒(相沢病院)に迫るまでになった。

三つの「世界選手権」は2シーズン後から一つにまとめられる。「大会の形が変わってしまうので、いけるところまでいく」と高木美。選手の専門化が進む中、屈指のオールラウンダーだからこそ組めるハードな日程に挑戦する。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

その他スポーツ 一覧

 卓球のワールドツアー、荻村杯ジャパン・オープン最終日は16日、札幌市の北海きたえーるで行われ、日本勢でただ一人勝ち残っていた女子シングルスの平野美宇(日本生命)は、準決勝で世界選手権個人戦優勝の劉詩 …続き (19:40)

男子フルーレ団体で優勝し、笑顔を見せる(右から)松山、鈴村、敷根、三宅の日本チーム(16日、千葉ポートアリーナ)=共同

 フェンシングのアジア選手権第4日は16日、千葉ポートアリーナで団体2種目が行われ、男子フルーレの日本(松山、三宅、敷根、鈴村)は決勝で中国を45―43で破り、2009年以来の優勝を果たした。

 世界ラ …続き (18:44)

明大―東農大北海道オホーツク 8回、明大・喜多が2点本塁打を放つ(16日、神宮)=共同

 全日本大学野球選手権第5日は16日、神宮球場で準決勝2試合が行われ、明大(東京六大学)仏教大(京滋)が17日の決勝に進んだ。明大は1981年以来38年ぶり6度目、仏教大は初の優勝を目指す。

 明大は同 …続き (17:24)

ハイライト・スポーツ

[PR]