/

東京六大学野球、法大「連覇を目指す」 秋季リーグ19日開幕

東京六大学野球秋季リーグ(19日開幕・神宮)に向けて各校の監督、選手が17日、オンラインで記者会見し、1回戦総当たりの春季リーグを制した法大の青木久典監督は「やるからには連覇を目指す」と決意表明した。同リーグ終了から1カ月。高田孝一投手は「オンオフをしっかりできた。負けたくない」と表情を引き締め、色紙に「連覇」と目標を書いた。

慶大の木沢尚文投手は「ここ1カ月に遠征のみで16試合行った」と明かした。堀井哲也監督によると2位だった春を検証し、守りの強化を図ったという。春3位の早大は小宮山悟監督が投手力に自信を示した。ドラフト上位指名候補左腕の早川隆久主将は色紙に「勝」と書き「自分に勝つ」と意気込んだ。

秋季リーグは新型コロナウイルスの影響で延長なしの2回戦総当たり、各10試合に方式を変更。勝ちが1、引き分け0.5のポイント制で争われる。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン