スポーツ > ニュース > 記事

陸上日本、入賞2種目のみ 代表監督「いい流れではない」

2016/8/18 10:08
保存
共有
印刷
その他

【リオデジャネイロ=共同】日本陸連強化委員長で、陸上日本代表の麻場一徳監督は17日、競技中盤の16日までを終えて入賞が2種目にとどまっている現状に「雰囲気は悪くないが決していい流れではない」と総括した。

「メダル1、入賞5」を目標に掲げたが、多くの選手が予選通過さえままならない状況。予選を経て決勝に進んだのは男子棒高跳びの沢野大地(富士通)、女子5000メートルの上原美幸(第一生命)のみ。男子20キロ競歩では松永大介(東洋大)が7位入賞したが、女子マラソンは福士加代子(ワコール)の14位が最高と振るわず「最低限でも入賞が望まれた。残念だった」と話した。

注目された男子短距離では100メートルで山県亮太(セイコーホールディングス)とケンブリッジ飛鳥(ドーム)が準決勝に進出した。しかし、200メートルは3人全員が予選敗退。麻場監督は「五輪と世界選手権の経験者がおり、最低でも2人は準決勝にいってほしかった」と語り、目標達成への見通しについては「到達できると思わないといけない」と話すにとどまった。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

スポーツニュース 一覧

 2024年と28年の夏季五輪をパリとロサンゼルスで開催するのが確実となった。両都市での開催はともに3回目と、ロンドンに並びトップに立つ。夏季、冬季を合わせて五輪を2回以上の開催(予定含む)は東京を含 …続き (1日 13:22)

 2024年と28年の夏季五輪をパリとロサンゼルスで開催するのが確実となった。両都市での開催はともに3回目と、ロンドンに並びトップに立つ。夏季、冬季を合わせて五輪を2回以上の開催(予定含む)は東京を含 …続き (1日 13:22)

 【ジュネーブ=原克彦】国際オリンピック委員会(IOC)は31日、2028年夏季五輪の開催都市をロサンゼルスに決めたと発表した。IOCは24年大会に立候補しているロサンゼルスとパリを、24年と28年に …続き (1日 9:00)

ハイライト・スポーツ

[PR]