/

オリックス、水本勝己氏がヘッドコーチ就任 打撃コーチに梵氏

オリックスは26日、中嶋聡新監督で臨む来季の新コーチ3人を発表し、今季広島で2軍監督を務めた水本勝己氏(52)がヘッドコーチ、元広島の梵英心氏(40)が1軍打撃コーチ、巨人などでプレーした入来祐作氏(48)が2軍投手コーチに就任することが決まった。背番号は水本氏が88、梵氏は77、入来氏は82。

オリックスのコーチに就任する(左から)2軍投手コーチの入来祐作氏、ヘッドコーチの水本勝己氏、1軍打撃コーチの梵英心氏(26日、大阪市)=球団提供・共同

3人は大阪市の球団施設で取材に応じ、水本氏は「ポテンシャルの高い選手は多い。チームが強くなるために、どういうサポートができるか徹底的に考えたい」と抱負を語った。

梵氏は課題の得点力向上へ「早く選手の特徴を把握して、やらないといけないことを整理したい」と話し、入来氏は若手投手に「勝ちにつながる、戦力であるための意識的な部分、取り組みの部分を見直してもらいたい」と求めた。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン