プロ野球

巨人・山口鉄、9600万円減の2億2400万円 「来年は勝負の年」

2017/11/30 15:46
保存
共有
印刷
その他

巨人の山口鉄也投手が30日、東京・大手町の球団事務所で契約更改交渉に臨み、9600万円減の年俸2億2400万円でサインした。3年契約最終年だった今季はけがもあり、わずか18試合の登板に終わった。「今年の大半をファームで過ごした悔しさがある。来年は勝負の年だと思いながらやりたい」と気持ちを新たにした。

2年目の宇佐見真吾捕手はプロ初本塁打でサヨナラ2ランを記録するなどブレークし、900万円増の1700万円で更改した。「まずは1軍にいることが大前提だが、2桁本塁打が打てればいい」と意気込んだ。

今季支配下登録されて23試合に投げた篠原慎平投手は、1020万円増の1440万円でサインした。(金額は推定)〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

プロ野球 一覧

 【ロサンゼルス=共同】米大リーグ、レンジャーズやプロ野球ヤクルトなどでプレーしたトニー・バーネット投手(36)が28日、自身のインスタグラムで現役引退を表明した。「夢を実現し、野球選手でいることは名 …続き (11:12)

プロ野球・日本ハムファイターズが北海道北広島市に建設する新球場の完成イメージ

 プロ野球日本ハムが2023年に北海道北広島市で開業を予定している新球場の命名権(ネーミングライツ)を、日本エスコンが取得したことが28日、分かった。今月から10年以上の長期契約を結び、新球場の名称は …続き (2:00)

 【ロサンゼルス=共同】2021年3月に開催予定の野球の国・地域別対抗戦、第5回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の主催者は28日、今年3月に米アリゾナ州トゥーソンで予選を開催すると発表した …続き (1:43)

ハイライト・スポーツ

[PR]