スポーツ > 格闘技 > ニュース > 記事

格闘技

柔道・羽賀「世界選手権につながる課題を」 GP大会へ出発

2017/6/29 21:01
共有
保存
印刷
その他

 リオデジャネイロ五輪柔道男子100キロ級銅メダルで世界選手権(8~9月・ブダペスト)代表の羽賀龍之介(旭化成)が29日、グランプリ大会(30日~7月2日・フフホト=中国)への出発前に羽田空港で取材に応じ「世界選手権につながる課題を見つけたい」と語った。五輪後初の国際大会となる。

 4月の全日本選抜体重別選手権は決勝で東海大の後輩ウルフ・アロンに敗れたが、リオ五輪の実績により2人目の世界選手権代表に滑り込んだ。2月のグランドスラム・パリ大会を制した19歳の飯田健太郎(国士舘大)も台頭しており、実力を示したい。

 外国人審判が裁く新ルールでの試合は、指導が出るタイミングなどが日本の審判と異なることが予想され「身をもって体験したい」という。指導だけの差ならば延長戦に入るため、ランニングや乱取りの量を増やしてスタミナ強化を図った。

 26歳の羽賀は「もっともっと自分に厳しくし、ピークを合わせていきたい」と2連覇を目指す世界選手権をにらみ、力を込めた。〔共同〕

共有
保存
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

格闘技 一覧

 日本レスリング協会は21日の理事会で、2020年東京五輪で実施する新たな階級区分で全日本選手権(12月20~23日・駒沢体育館)を行うことを決めた。8月に世界レスリング連合が来年1月からの導入を決め …続き (21日 23:13)

IBFスーパーライト級王座決定戦を前に行った記者会見後にポーズを取る近藤明広(20日、東京都文京区)=共同

 国際ボクシング連盟(IBF)スーパーライト級王座決定戦(11月4日・ニューヨーク)で初の世界戦に臨む同級3位の近藤明広(一力)が20日、東京都内で記者会見し「下馬評は圧倒的不利だが、イメージ通りに闘 …続き (20日 22:41)

両目の眼窩底骨折の診断を受け、記者会見するWBOライトフライ級王者の田中恒成(20日、名古屋市)=共同

 13日の防衛戦で負傷した世界ボクシング機構(WBO)ライトフライ級王者の田中恒成(畑中)が20日、両目の眼窩底骨折で全治2カ月の診断を受け、熱望していた世界ボクシング協会(WBA)同級王者の田口良一 …続き (20日 13:09)

ハイライト・スポーツ

[PR]