/

牝馬3冠アーモンドアイは1枠1番 ジャパンカップ枠順

第38回ジャパンカップ(25日・東京11R2400メートル芝14頭、G1)枠順が22日に決まり、牝馬3冠を制したアーモンドアイは(1)枠1番に入った。

京都大賞典を勝ち、復活ののろしを上げたサトノダイヤモンドは(3)枠3番、天皇賞・秋10着の巻き返しを期すスワーヴリチャードは(7)枠11番、昨年の優勝馬シュヴァルグランは(6)枠9番からのスタートになった。

馬券は23日に札幌、後楽園、新宿、難波、梅田の5ウインズで前々日発売、24日から全国で前売りされる。

▽第11Rジャパンカップ(国際招待)オープンG1・2400メートル(芝左・14頭)発走15:40、前日場外17:00

(1)1アーモンドアイ   53 ルメール

(2)2ハッピーグリン   55 服部茂

(3)3サトノダイヤモンド 57 モレイラ

(3)4サトノクラウン   57 ビュイック

(4)5ミッキースワロー  57 横山典

(4)6サンダリングブルー 57 F・ベリー

(5)7サウンズオブアース 57 田 辺

(5)8キセキ       57 川 田

(6)9シュヴァルグラン  57 C・デムーロ

(6)10ガンコ       57 蛯 名

(7)11スワーヴリチャード 57 M・デムーロ

(7)12カプリ       57 ムーア

(8)13ノーブルマーズ   57 高 倉

(8)14ウインテンダネス  57 内 田

〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン