/

J1川崎の大久保、2試合出場停止 看板蹴り破損

Jリーグは4日、J1川崎のFW大久保嘉人が8月30日の名古屋戦(名古屋市瑞穂陸上競技場)の試合中に競技場内の広告看板を蹴って破損させたとして、第23節の徳島戦と第24節のFC東京戦の2試合を出場停止処分とすると発表した。

規律委員会が映像、写真で確認し「故意による器物破損行為」と判断した。

また3日のヤマザキナビスコ・カップ準々決勝第1戦のG大阪戦で退席処分を受けた神戸の安達亮監督を、第2戦のベンチ入り停止とした。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン