/

日本は白星発進 アイスホッケー男子の五輪1次予選

日本―クロアチア 第2ピリオド、相手選手と激しく競り合う三田村=左(11日、月寒体育館)=共同

アイスホッケー男子の2018年平昌冬季五輪1次予選は11日、札幌市の月寒体育館で行われ、1998年長野五輪以来の五輪出場を目指す世界ランキング20位の日本は初戦で27位のクロアチアを3-0で下して勝ち点3を挙げた。

日本は第2ピリオドにFW大沢(王子)のゴールで先制。相手に疲れの見えた第3ピリオドは2点を加え、GK福藤(アイスバックス)を中心に完封した。世界ランク21位のウクライナは28位のルーマニアに3-0で勝った。

12カ国が3組に分かれて1回戦総当たりで争い、各組1位が9月の最終予選に進出。日本は13日にルーマニア、14日にウクライナと対戦する。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン