/

BMXレース畠山紗英「後悔なくやる」 練習拠点スイスへ

畠山紗英=共同

自転車BMXレース女子の東京五輪代表、畠山紗英(日体大)が15日、練習拠点のスイスに戻る前に取材に応じ「五輪でベストの走りができるように一日一日、後悔がないようにやっていきたい」と抱負を語った。17日に出発予定。

新型コロナウイルスの影響で3月下旬に帰国して以来、地元の神奈川県寒川町で鍛錬を積んだが、練習環境が整うスイスの施設を使える状況になった。現地には切磋琢磨(せっさたくま)するライバルや、オンラインでやりとりしていたコーチもおり「練習に集中できるのが楽しみ」と話した。

7月以降は同町などが仮設した専用のスタート台で課題克服に取り組んだ。この種目で日本女子初の五輪切符を得た21歳のホープは地元の支援に感謝し「スタートはまだ完璧ではないので、練習を続けたい。五輪で結果を残せたら」と話した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン