/

照ノ富士、同郷の夫人と挙式 大関復帰へ決意新た

大相撲の関脇照ノ富士(29)=本名ガントルガ・ガンエルデネ、伊勢ケ浜部屋=が11日、同じモンゴル出身のツェグメド・ドルジハンド夫人(26)との挙式を東京都江東区の富岡八幡宮で開いた。大関復帰を目指す春場所(3月14日初日・両国国技館)に向け、代表取材に「この日を楽しみにしていた。来場所もいい成績で終わらせたい」と決意を新たにした。

ツェグメド・ドルジハンド夫人(右)と挙式し、結婚指輪を見せる関脇照ノ富士(11日、東京都江東区の富岡八幡宮)=代表撮影・共同

7年前に知人の紹介で知り合い、2018年2月14日のバレンタインデーにプロポーズ。その翌日に結婚した。両膝のけがや内臓疾患の影響で大関から序二段まで転落した時期の支えとなり、照ノ富士は「復活するきっかけになったのは、やっぱり奥さんのおかげ」と感謝。夫人は「穏やかで温かい家庭を築いていきたい」と話した。挙式には師匠の伊勢ケ浜親方(元横綱旭富士)ら約10人が出席した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン