サッカー

J1神戸、三浦淳寛氏が新監督に就任 元日本代表

2020/9/24 13:13
保存
共有
印刷
その他

三浦淳寛氏=共同

三浦淳寛氏=共同

J1神戸は24日、元日本代表でクラブのスポーツダイレクター(SD)の三浦淳寛氏(46)が新監督に就任すると発表した。同日の練習から指揮を執り、初采配は26日の札幌戦(ノエスタ)となる。

オンラインでの記者会見で新体制を発表した立花陽三社長は「2018年からSDで、神戸の目指すサッカーやチームの特性を知っている。一番適任な方」と説明した。

神戸はトルステン・フィンク前監督(52)が家庭の事情を理由に21日付で退任していた。

三浦氏は大分市出身。長崎・国見高から青学大を経て横浜フリューゲルス入り。05年から07年途中まで神戸でプレーし、11年に現役引退した。日本代表として通算25試合で1得点、J1は通算318試合で45得点。18年から神戸の強化、育成の総責任者であるSDを務めてきた。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

サッカーのコラム

電子版トップスポーツトップ

サッカー 一覧

 明治安田J1(21日・ノエビアスタジアム神戸ほか=3試合)アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)のため変則日程となった第33節は、鹿島が上田らのゴールで神戸を3―1で下し、勝ち点42とした。横浜Mは …続き (22:56)

横浜M―名古屋 後半、決勝ゴールを決め駆けだす横浜M・渡辺(21日、日産スタジアム)=共同

【横浜M2―1名古屋】横浜Mが競り勝った。1―1の後半35分、渡辺が左折り返しを押し込んで勝ち越した。前半から押し込み、41分にエジガルジュニオが先制。後半24分に追いつかれた後も攻め続けた。名古屋は …続き (22:33)

 日本サッカー協会の反町康治技術委員長が21日、オンラインで取材に応じ、男子の東京五輪世代(1997年以降生まれ)の国内組を集めた強化試合や合宿を年内に行う方針を明らかにした。「Jリーグで頭角を現して …続き (19:59)

ハイライト・スポーツ

[PR]