スポーツ > 格闘技 > ニュース > 記事

格闘技

柔道マスターズ、原沢・新井らが代表 五輪選考会

2019/12/5 19:53
保存
共有
印刷
その他

全日本柔道連盟は5日、東京五輪代表選考会の一つであるマスターズ大会(12~14日・青島=中国)の日本代表を発表し、男子は100キロ超級で世界選手権2位の原沢久喜(百五銀行)や100キロ級のウルフ・アロン、60キロ級の永山竜樹(ともに了徳寺大職)が選ばれた。90キロ級で2016年リオデジャネイロ五輪覇者のベイカー茉秋(日本中央競馬会)も入った。

女子は70キロ級で昨年まで2年連続世界一の新井千鶴(三井住友海上)、いずれも世界選手権2位だった78キロ級の浜田尚里(自衛隊)、63キロ級の田代未来、57キロ級の芳田司(ともにコマツ)らを選出。五輪代表を決めた78キロ超級の素根輝(環太平洋大)は出場しない。

マスターズ大会は五輪と世界選手権に次ぐ格付け。今回は原則として世界ランキング36位以内の選手が出場できる。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

格闘技 一覧

 柔道女子78キロ超級で東京五輪代表の素根輝(20)が7月いっぱいで環太平洋大を退学していたことが1日、関係者への取材で分かった。当面は無所属のまま母校の福岡・南筑高を拠点に、来夏に延期された五輪での …続き (1日 11:00)

 世界ボクシング機構(WBO)フライ級3位の中谷潤人(M・T)が同級1位ジーメル・マグラモ(フィリピン)と闘う8月21日の王座決定戦(東京・後楽園ホール)の延期を29日、主催者が発表した。新型コロナウ …続き (29日 18:13)

 富山市で強化合宿中のボクシング女子東京五輪代表が28日、オンラインで取材に応じ、フライ級でメダルが期待される並木月海(自衛隊)は「対人練習ができて良かった。目標は金メダル。レベルを上げていきたい」と …続き (28日 20:03)

ハイライト・スポーツ

[PR]