サッカー

イニエスタ、骨折後も試合出場 「天皇杯が一番大事」

2019/12/5 14:50
保存
共有
印刷
その他

J1神戸の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタが5日、神戸市内で報道陣の合同取材に応じ、右足親指を骨折していたことを明かした。9月28日の川崎戦で負傷し、軽度だったという。負傷後もリーグ戦で4試合に先発出場した。

取材に応じるJ1神戸のイニエスタ(5日午後、神戸市)=共同

取材に応じるJ1神戸のイニエスタ(5日午後、神戸市)=共同

神戸は初タイトルが懸かる天皇杯全日本選手権で準決勝(21日・ノエビアスタジアム神戸ほか)に進出しており、イニエスタは7日に行われるJ1最終節の磐田戦出場の可否について「一番大事なのは天皇杯の残り2試合ということを考えながら、クラブとして決めると思う」と話した。

天皇杯は元スペイン代表FWで、今季限りで引退するチームメートのダビド・ビジャの、現役最後の試合となる。イニエスタは「(来年)1月1日の決勝で勝利を飾ることができれば、彼にとっても最高」と語った。〔共同〕

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

サッカーのコラム

電子版トップスポーツトップ

サッカー 一覧

 J1神戸は18日、元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキ(34)が契約満了に伴い、退団すると発表した。クラブを通じて「神戸に来た最初の日からタイトルをともに取った国立での最後の日まで、サポーターといつ …続き (18日 23:48)

 サッカー男子の東京五輪予選を兼ねたU―23(23歳以下)アジア選手権第10日は18日、バンコク近郊などで準々決勝2試合が行われ、前日本代表監督の西野監督が率いるタイはサウジアラビアに0―1で敗れ、上 …続き (18日 22:55)

 日本サッカー協会の田嶋幸三会長が18日、山形県内での講演で、男子東京五輪代表の森保一監督の去就が持ち上がる中で監督交代の判断基準に触れ、「連敗が危機だとは思っていない。本当の危機はチームの崩壊。そこ …続き (18日 19:15)

ハイライト・スポーツ

[PR]