/

横綱鶴竜が春場所休場、現役続行へ 白鵬は出場明言

(更新)
横綱鶴竜=共同

大相撲の西横綱鶴竜(35)=本名マンガラジャラブ・アナンダ、モンゴル出身、陸奥部屋=が、進退を懸けて出場する予定だった春場所(14日初日・両国国技館)を一転して休場することが11日、決まった。休場は5場所連続でさらに苦しい立場になるが、師匠の陸奥親方(元大関霧島)によると師弟で話し合い、鶴竜の意思を尊重して現役続行を確認した。

同じく4場所連続休場中の東横綱白鵬(36)=本名白鵬翔、モンゴル出身、宮城野部屋=は出場を明言した。1月の初場所は新型コロナウイルス感染で休んでいた。

陸奥親方は、鶴竜が9日の稽古で左太ももの肉離れを負い、四股を踏めない状態と説明。引退も選択肢の一つだと鶴竜に提案したところ、来場所以降に復帰したいとの強い希望を口にした。

両横綱は昨年11月場所後、休場の多さにより、横綱審議委員会(横審)に引退勧告に次ぐ重さの「注意」を決議された。春場所後の横審の定例会合でさらに重い決議がなされる可能性があり、陸奥親方は「覚悟している。それを聞いてからまた、本人と話さなきゃいけない」と話した。

鶴竜は初場所を腰痛で全休。春場所に向けては合同稽古に参加するなど前向きに調整していた。一人横綱として復帰する白鵬は「託されたということ。一生懸命頑張りたい」と意欲を語った。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン