スポーツ > 相撲 > ニュース > 記事

相撲

相撲協会の理事候補、6期ぶりに無投票決定 副理事候補も

2020/1/30 12:29
保存
共有
印刷
その他

日本相撲協会は30日、東京都墨田区の両国国技館で、1期2年の任期満了に伴う役員候補選挙の立候補を受け付け、理事候補は定員の10人が届け出たため6期ぶりに無投票となり、現職の八角理事長(元横綱北勝海)ら顔触れが決まった。

理事候補には尾車事業部長(元大関琴風)の他、復帰となる伊勢ケ浜親方(元横綱旭富士)や初出馬の花籠親方(元関脇太寿山)らが立った。投票になった場合に劣勢が予想された現職の山響親方(元幕内巌雄)は立候補しなかった。

副理事候補も定数の3人だけの出馬で無投票になった。

理事候補選挙の当選者は評議員会の承認を経て3月の春場所後に就任。新たな理事メンバーで理事長を互選する。〔共同〕

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

大相撲のコラム

電子版トップスポーツトップ

相撲 一覧

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響により、大相撲夏場所などの2週間延期が決まってから一夜明けた4日、朝乃山と貴景勝の両大関が電話取材に応じ、稽古に集中する思いを語った。
 朝乃山は東京都墨田区の高砂部 …続き (4日 17:26)

 大相撲夏場所の2週間延期が決まった3日、第一人者の横綱白鵬は日本相撲協会を通じて談話を出し「中止ではなく延期になったということは前向きに受け止めている。新しいけがや古傷を治す時間を与えてもらったと考 …続き (3日 23:39)

砂袋を担いですり足に励む朝乃山(3日、東京都墨田区の高砂部屋)=共同

 大相撲の新大関朝乃山は3日、東京都墨田区の高砂部屋で稽古を行い、徹底的に下半身強化に取り組んだ。四股やてっぽうで汗を流してから55キロの砂袋を担ぎ、腰をしっかり下ろしてすり足に励んだ。新型コロナウイ …続き (3日 18:58)

ハイライト・スポーツ

[PR]