/

西武・内海「プランできている」 手術から復活目指す

昨年10月に左前腕の手術を受けた西武の内海哲也投手が復活に向けて調整を続けている。16日、メットライフドームでの自主練習でキャッチボールや遠投で体の状態を確認。まだ見通しが立たない開幕へ「ある程度、頭のなかでプランはできている。体もしっかり動いているし、すぐにピッチングに入っていけると思う」と語った。

手術の影響で調整は遅れていたが、開幕が延期になったことで急いで仕上げる必要がなくなった。「開幕のめどがたったらブルペンに入って投球練習を始めたい。自主練習に入る前くらいにカットボールの感覚が良かったし、もう一度試してみたい」と意欲的だった。

家族と過ごす時間も増えた。休養日は人がいない早朝に、野球をしている3人の息子を近くの公園に連れて行き、ノックを打つなどしているそうで「体を動かしてなるべくストレスなく過ごしてくれたら」と父親の顔をのぞかせた。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン