スポーツ > MLB > ニュース > 記事

MLB

6段階で高年俸ほど減額 MLB案、2000万ドル超は8割減

2020/5/28 18:47
保存
共有
印刷
その他

【ロサンゼルス=共同】米大リーグ機構(MLB)が26日に選手会に提示した今季年俸案は、高年俸ほど減額率が上がる6段階の基準を設定した上で、実施試合数に比例して一律に削減する方式になっていると27日、AP通信が報じた。

減額率はメジャー最低保障額の56万3500ドル(約6100万円)までは10%、56万3501ドル~100万ドルは27.5%、以下同様に500万ドルまでは50%、1千万ドルまでは60%、2千万ドルまでは70%、2千万ドルを超えると80%で基準額を決める。

今季開催案でレギュラーシーズンは本来の162試合から82試合に減らすことを想定する。基準額は試合数に比例し、さらに50.6%に削減する。ポストシーズンが実施されれば、別途ボーナスを付与する。

AP通信の方式で試算すると、日本選手で最高年俸2300万ドルのヤンキースの田中は約233万ドル、2200万ドルのカブスのダルビッシュは約223万ドル、70万ドルのエンゼルスの大谷は約26万ドルとなる。

選手会は単純に試合数に比例した年俸で3月下旬にMLBと合意したとの立場で、多数の選手が反発。スポーツ専門局ESPN(電子版)によると、100試合以上に増やすよう今週中に対案を示すとしている。MLBが目指す7月上旬の開幕には6月第1週までに合意する必要があるとみられている。

保存
共有
印刷
その他

大リーグのコラム

電子版トップスポーツトップ

MLB 一覧

 【ロサンゼルス=共同】米大リーグ公式サイトは1日、エンゼルスで一昨年の右肘手術からの投手復帰を目指している大谷翔平の特集を組み、データで特長を分析した。
 大谷がメジャーデビューした2018年以降の他 …続き (18:25)

 【ニューヨーク=共同】米大リーグは1日、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で3月中旬に中断したキャンプ再開を控え、各チームが基本的に本拠地で集合日を迎えた。日本に一時帰国した選手ではヤンキースの田中 …続き (11:34)

 【ニューヨーク=共同】米大リーグ、ヤンキースの田中将大投手は3月下旬に一時帰国していた日本から、チームがキャンプを再開する本拠地ニューヨークに戻り、1日に新型コロナウイルスの検査を受けた。ブーン監督 …続き (10:59)

ハイライト・スポーツ

[PR]