2019年6月26日(水)
スポーツ > 相撲 > ニュース > 記事

相撲

横綱白鵬が夏場所休場 右上腕負傷、7月復帰方針

2019/5/9 12:49
保存
共有
印刷
その他

右上腕に負傷を抱える大相撲の東横綱白鵬(34)=本名ムンフバト・ダバジャルガル、モンゴル出身、宮城野部屋=が夏場所(12日初日・両国国技館)を休場することになった。9日、師匠の宮城野親方(元幕内竹葉山)が明らかにし、けがについて「右上腕二頭筋の断裂で全治3週間以上」と説明した。

横綱白鵬=共同

横綱白鵬=共同

宮城野親方によると、白鵬と8日夜に話し合い、横綱自身が「休場します」と申し出た。同親方は「1カ月程度で治る。昨日の時点で(回復具合は)7割程度と言っていた。(長期休場は)ない」と述べ、7月の名古屋場所での復帰を目指す方針を示した。

令和最初の本場所は、史上最多42度の優勝を誇る第一人者が不在となる。白鵬も改元前から節目の場所への強い思い入れを示していただけに、宮城野親方は「治す気持ちで頑張っていたが、なかなか治らなかった。本人が特に残念がっていた」と胸中を代弁した。

白鵬は全勝で制した3月の春場所千秋楽で右上腕を痛めた。稽古は基本運動が中心で相撲を取ることができず、調整が大幅に遅れていた。

休場は14日目から休んだ1月の初場所以来、12度目。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

大相撲のコラム

電子版トップスポーツトップ

相撲 一覧

朝稽古で汗を流す朝乃山(26日、愛知県蟹江町の高砂部屋宿舎)=共同

 5月の大相撲夏場所で初優勝した東前頭筆頭の朝乃山が26日、愛知県蟹江町の高砂部屋で幕下力士と10番取り、名古屋場所(7月7日初日・ドルフィンズアリーナ)に向けた本格的な稽古を開始した。「前に前に出る …続き (17:15)

明るい表情でトレーニングする白鵬(25日、愛知県豊田市)=共同

 右上腕負傷で夏場所を全休した横綱白鵬は25日、愛知県豊田市の宮城野部屋で四股やダンベルを使ったトレーニングなどで体を動かし「思っているように動けている。大型力士との稽古も試したい」と、明るい表情だっ …続き (25日 17:22)

名古屋市内で開かれた力士会後、取材に応じる大関貴景勝(25日)=共同

 右膝に不安を抱え、大相撲名古屋場所(7月7日初日・ドルフィンズアリーナ)の出場が不透明な22歳の大関貴景勝が25日、名古屋市北区の千賀ノ浦部屋で稽古を再開した。初のかど番となる今場所に向け「どうなる …続き (25日 16:09)

ハイライト・スポーツ

[PR]