2019年2月18日(月)
スポーツ > 格闘技 > ニュース > 記事

格闘技

女子柔道の素根、環太平洋大に進学 全日本で初出場V

2018/11/29 13:33
保存
共有
印刷
その他

体重無差別で争う4月の全日本女子選手権で史上初の初出場優勝を果たした78キロ超級の素根輝(福岡・南筑高)が来春の高校卒業後、環太平洋大に進学することが29日、関係者の話で分かった。

将来が期待される18歳の素根は豊富なスタミナを生かした攻撃的な柔道が持ち味。今夏のジャカルタ・アジア大会を制し、世界女王の朝比奈沙羅(パーク24)と東京五輪代表の座を争っている。25日のグランドスラム大阪大会では朝比奈を破って2位に入った。

環太平洋大は1992年バルセロナ五輪王者の古賀稔彦氏が総監督。素根は162センチと小柄ながら背負い投げなど担ぎ技を得意とし、一本背負い投げが代名詞だった古賀氏の指導を受けられる環境を望んだという。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

格闘技 一覧

成田空港で取材に応じる朝比奈沙羅(18日)=共同

 柔道のグランドスラム(GS)デュッセルドルフ大会(22~24日・ドイツ)に出場する日本代表が18日、成田空港から出発し、女子78キロ超級の世界選手権覇者、朝比奈沙羅(パーク24)は「トップ選手が勢ぞ …続き (12:13)

記者会見でポーズをとるWBAバンタム級王者の井上尚弥。左は父の真吾さん、右は大橋秀行会長(16日、横浜市)=共同

 世界ボクシング協会(WBA)バンタム級王者の井上尚弥(大橋)が16日、横浜市の所属ジムで記者会見し、「最強決定トーナメント」ワールド・ボクシング・スーパーシリーズ(WBSS)の準決勝(5月18日・英 …続き (16日 20:43)

 日本ボクシング連盟は15日、3月に予定していたアジア選手権代表選考会を中止すると発表した。アジア選手権を、2020年東京五輪で採用される体重階級ではなく現行の階級で実施するとの通知があったため。
 代 …続き (15日 23:03)

ハイライト・スポーツ

[PR]