プロ野球

阪神、能見の来季戦力外を検討 生え抜きの41歳

2020/10/22 12:16
保存
共有
印刷
その他

阪神が、生え抜きで通算104勝を挙げている能見篤史投手(41)について、来季の戦力構想外を検討していることが22日、関係者への取材で分かった。プロ16年目の左腕投手は今季、30試合に救援登板して1勝0敗、防御率4.98と安定感を欠いていた。

兵庫県出身。鳥取城北高から大阪ガスを経て、ドラフト自由獲得枠で2005年に阪神入り。5度の2桁勝利をマークし、開幕投手を3度務めた。12年に最多奪三振のタイトルに輝き、13年のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)日本代表に選出。18年シーズン途中から中継ぎに転向した。40歳を迎えた昨季は自己最多の51試合に登板した。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

プロ野球のコラム

ドラフト会議

電子版トップスポーツトップ

プロ野球 一覧

 広島は26日、新外国人選手としてカイル・バード投手(27)=190センチ、99キロ、左投げ左打ち=と合意に達したと発表した。契約金10万ドル(約1040万円)で年俸40万ドル(約4160万円)。20 …続き (15:23)

 巨人が、今季国内フリーエージェント(FA)権を取得したDeNAの梶谷隆幸外野手(32)の獲得に向け調査していることが26日、球団幹部の話で分かった。同じく今季国内FA権の資格取得条件を満たしたDeN …続き (11:57)

 4年連続日本一に輝いたソフトバンクが、来季のヘッドコーチに球団OBで前日本代表監督の小久保裕紀氏(49)を招請することが26日、分かった。2012年に現役引退して以来の球団復帰となる。13年に日本代 …続き (11:26)

ハイライト・スポーツ

[PR]