2018年2月18日(日)

その他スポーツ

東京五輪野球の大会方式、結論先送り 11月決着図る

2017/9/14 12:39
保存
共有
印刷
その他

 【リマ=共同】2020年東京五輪の追加種目、野球の大会方式を巡って世界野球ソフトボール連盟(WBSC)と大会組織委員会が合意できていない問題で、組織委の武藤敏郎事務総長が13日、リマでWBSCのフラッカリ会長らと協議したが、結論は先送りとなった。武藤事務総長は競技日程の大枠を固める11月末までに決着を図る考えを示した。

 WBSCは出場6チームによる1次リーグを総当たり戦にして計15試合の実施を求めているが、組織委は経費を抑えるため3チームずつ2組に分けて計6試合とする従来の方針に変わりがないことを会談で伝えた。総当たり戦の場合、武藤事務総長は主会場の横浜スタジアムのほか、開幕戦1試合のみを予定する福島県営あづま球場で複数の試合を実施しなければ日程を消化できなくなるとし、試算の結果、輸送費などがかさみ「(コスト面で)無視できない差が出る」と述べた。

 米大リーグのトップ選手参加については、大会方式の問題と切り離し、WBSCに実現を求めていく考えも示した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

その他スポーツ 一覧

米国に勝利し喜ぶ(左から)両角友、山口、清水、両角公(18日、江陵)=共同

 平昌冬季五輪のカーリング男子の1次リーグでSC軽井沢クの日本は米国に8―2で快勝し、3勝2敗とした。第1エンドに2点を挙げ、第2、3エンドに1点ずつスチール(不利な先攻で得点)して主導権を握った。6 …続き (11:21)

表彰式後、笑顔を見せる金メダルの羽生選手(右)と銀メダルの宇野選手(17日、平昌)=上間孝司撮影

 平昌冬季五輪第9日(17日)フィギュアスケートは男子フリーが行われ、羽生結弦(ANA)が66年ぶりの2連覇達成で日本勢の今大会金メダル第1号となった。初出場の宇野昌磨(トヨタ自動車)も銀メダルを獲得 …続き (0:06)

10位に終わり、引き揚げる小林陵=山本博文撮影

 平昌冬季五輪のジャンプは、男子ラージヒル(ヒルサイズ=HS142メートル)が行われ、ノーマルヒルで7位入賞の小林陵侑(土屋ホーム)が135.5メートル、128メートルの合計258.0点で日本勢トップ …続き (17日 23:58)

ハイライト・スポーツ

平昌五輪特設ページ

[PR]