2018年2月23日(金)

その他スポーツ

東京五輪野球の大会方式、結論先送り 11月決着図る

2017/9/14 12:39
保存
共有
印刷
その他

 【リマ=共同】2020年東京五輪の追加種目、野球の大会方式を巡って世界野球ソフトボール連盟(WBSC)と大会組織委員会が合意できていない問題で、組織委の武藤敏郎事務総長が13日、リマでWBSCのフラッカリ会長らと協議したが、結論は先送りとなった。武藤事務総長は競技日程の大枠を固める11月末までに決着を図る考えを示した。

 WBSCは出場6チームによる1次リーグを総当たり戦にして計15試合の実施を求めているが、組織委は経費を抑えるため3チームずつ2組に分けて計6試合とする従来の方針に変わりがないことを会談で伝えた。総当たり戦の場合、武藤事務総長は主会場の横浜スタジアムのほか、開幕戦1試合のみを予定する福島県営あづま球場で複数の試合を実施しなければ日程を消化できなくなるとし、試算の結果、輸送費などがかさみ「(コスト面で)無視できない差が出る」と述べた。

 米大リーグのトップ選手参加については、大会方式の問題と切り離し、WBSCに実現を求めていく考えも示した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

その他スポーツ 一覧

 卓球のワールドカップ(W杯)団体戦は22日、ロンドンで開幕し、日本勢は1次リーグA組の女子が米国に3―0で快勝した。ダブルスの早田ひな(日本生命)伊藤美誠(スターツ)組とシングルスで石川佳純(全農) …続き (1:04)

15日、平昌冬季五輪ノルディック複合個人ノーマルヒルのメダル授与式で、銀メダルを胸に笑顔の渡部暁斗(平昌)=共同

 【平昌=共同】平昌冬季五輪のノルディックスキー複合個人ノーマルヒルで、2大会連続の銀メダルに輝いた渡部暁斗(北野建設)が、五輪直前に左肋骨を骨折していたことが分かった。全日本スキー連盟(SAJ)が2 …続き (0:27)

団体で4位となり、うなだれる山元(手前)に声を掛ける(左から)永井、渡部善、渡部暁(22日、平昌)=共同

 平昌冬季五輪第14日(22日)ノルディックスキー複合団体が行われ、渡部善斗(北野建設)、永井秀昭(岐阜日野自動車)、山元豪(ダイチ)、渡部暁斗(北野建設)の日本は、前半飛躍3位から後半距離で順位を下 …続き (22日 23:46)

ハイライト・スポーツ

平昌五輪特設ページ

[PR]