/

桃田、年間賞金初の50万ドル超え 世界バド連盟

世界バドミントン連盟は18日、男子シングルスで国際大会年間11勝の新記録をつくった桃田賢斗(NTT東日本)が史上初めて年間の獲得賞金が50万ドルを超えたと公式サイトで発表した。

桃田はシーズンを締めくくるワールドツアー(WT)ファイナルを制して12万ドルを加え、今年の総額を50万6900ドル(約5570万円)とした。女子シングルスの山口茜(再春館製薬所)は24万9272ドル(約2740万円)で、男女を通じて5位の多さだった。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン