その他スポーツ

世界フェンシングから日本代表が帰国 見延「反省多い大会」

2019/7/25 12:36
保存
共有
印刷
その他

フェンシングの世界選手権に出場した日本代表が25日、ブダペストから帰国し、男子エペ個人で決勝トーナメント2回戦敗退に終わった見延和靖(ネクサス)は「負けるイメージは浮かばなかったが、日本人対決でやりにくさはすごくあった。反省の多い大会になった」と悔しそうに話した。

フェンシングの世界選手権から帰国し、取材に応じる男子エペの見延和靖(右)と加納虹輝(25日、成田空港)=共同

フェンシングの世界選手権から帰国し、取材に応じる男子エペの見延和靖(右)と加納虹輝(25日、成田空港)=共同

今大会を不本意な成績で終えたが、世界ランキングでは初の年間1位を獲得。「この先何人がやれるかという難しいところを達成できたと思う。来季は重圧につぶされず結果を出したい」と決意を新たにした。個人で8強入りした加納虹輝(早大)は「ここぞというところで勝ちきれなかったので、そこを詰めていきたい」と課題を挙げた。

女子フルーレの個人では17歳の上野優佳(埼玉・星槎国際高)が右太もも肉離れの痛みに耐えながら8強入りと健闘。メダル獲得まであと一歩に迫り「ここまで来たのは実力がついたのかなと思う」と手応えを示した。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

その他スポーツ 一覧

自動車F1バーレーンGPで表彰台に立つ2位のフェルスタッペン(左)と3位のアルボン(右)。中央は優勝したハミルトン=ロイターロイター

自動車のF1シリーズ第15戦、バーレーン・グランプリ(GP)は29日、サキールのバーレーン国際サーキットで決勝が行われ、ホンダ勢はレッドブルのマックス・フェルスタッペン(オランダ)が2位、アレクサンダ …続き (11/30)

アメリカンフットボールの東西大学王座決定戦、第75回甲子園ボウル(12月13日)は日本大と関西学院大による因縁の対決となる。社会問題化した日大の悪質タックルがあった一昨年5月の定期戦以来、わだかまりを …続き (11/30)

【ニューヨーク=共同】米プロフットボールNFL第12週第2日は29日、各地で行われ、昨季王者チーフスがバッカニアーズに27-24で勝って10勝目(1敗)を挙げた。QBマホームズが3TDパスを通した。バ …続き (11/30)

ハイライト・スポーツ

[PR]