/

レスリングの伊調、アジア選手権を欠場 首に痛み

リオデジャネイロ五輪で4連覇を目指すレスリング女子58キロ級の伊調馨(ALSOK)が、エントリーしていたアジア選手権(17~21日・バンコク)を首の痛みで欠場することが11日、関係者の話で分かった。

伊調は先月末のヤリギン国際(ロシア)の決勝でモンゴル選手に敗れ、不戦敗を除くと13年ぶりの黒星を喫した。この大会で首を痛めた。現在はスパーリングなど激しい練習を行わず、治療とリハビリに励んでいる。

アジア選手権には、伊調と同じくリオデジャネイロ五輪代表に決まっている48キロ級の登坂絵莉、63キロ級の川井梨紗子、69キロ級の土性沙羅(いずれも至学館大)らが出場する。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン