/

ジーコ氏、FIFA次期会長選出馬の意向

【リオデジャネイロ=共同】サッカーの元日本代表監督のジーコ氏は3日、ブラジルのテレビ局グロボのインタビューで国際サッカー連盟(FIFA)の次期会長選挙に出馬する意向を明らかにし「私は世界中で名前を知られているし、経験も豊富だ。チャンスは十分にある」と意欲を示した。

6日に行われる欧州チャンピオンズリーグ決勝の観戦のため訪れたベルリンで取材に応じた。「立候補するのは、今のFIFAは前途に大きな可能性が広がっているからだ。プラティニ(欧州サッカー連盟会長)も選手出身で立派に組織を率いている」と述べた。

招致に絡む不正疑惑で捜査されている2018年、22年のワールドカップ(W杯)については「汚職の証拠が出たら開催を返上するべきだ」との立場を示した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン