/

ソフトバンク、ヘッドコーチに小久保氏招請 前日本代表監督

4年連続日本一に輝いたソフトバンクが、来季のヘッドコーチに球団OBで前日本代表監督の小久保裕紀氏(49)を招請することが26日、分かった。2012年に現役引退して以来の球団復帰となる。13年に日本代表監督に就任し、4強入りした17年のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)後に退任してからは評論家などを務めていた。

小久保氏は和歌山・星林高から青学大を経て94年、ソフトバンクの前身のダイエーに入団。95年に本塁打王、97年に打点王を獲得した。04年から3年間は巨人に在籍し、07年からソフトバンクに戻った。来季も指揮を執る工藤公康監督とはダイエー、巨人時代にチームメートだった。

通算成績は2057試合に出場し2041安打、打率2割7分3厘、413本塁打、1304打点。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン