スポーツ > MLB > ニュース > 記事

MLB

大リーグの本塁打増、公式球が一因に 縫い目低く空気抵抗減

2019/12/12 11:39
保存
共有
印刷
その他

【サンディエゴ=共同】米大リーグ機構(MLB)は11日、今季史上最多6776本塁打が記録された一因に、昨季より公式球の縫い目が低くなっていたとする専門家のリポートを発表した。平均0.001インチ(約0.025ミリ)低くなって空気抵抗が減り、飛びやすくなったという。

リポートによると、製造の誤差によるもので、意図したものとの証拠は見つからなかった。

今季はシーズン中に"飛ぶボール"が取り沙汰され、現場からは縫い目が低くなったとの声が上がった。ヤンキースの田中将大投手はスプリットが鋭く落ちなくなったなどと投球への影響も指摘されていた。

近年は打球に角度を付けて長打を狙う「フライボール革命」が特徴で、MLBは打撃の変化も今季の本塁打増の要因に挙げた。

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

MLB 一覧

 【ニューヨーク=共同】新型コロナウイルスの感染拡大のため開幕を延期している米大リーグで、選手の今季年俸は試合数に比例することになると28日、スポーツ専門局ESPN(電子版)が報じた。
 大リーグ機構( …続き (13:28)

 【ロサンゼルス=共同】米大リーグ機構(MLB)と選手会で合意していた今季の開催案が27日、各球団のオーナーに承認された。開幕は新型コロナウイルス感染拡大の影響により最短でも5月中旬となる見通しで、U …続き (28日 15:11)

 【ニューヨーク=共同】米大リーグ、レッズのジンター打撃コーチが27日、球団が提供する報道陣向けのサイトで、今季から加わった秋山翔吾外野手について「練習態度が素晴らしいと思う。引っ張ったり本塁打を狙っ …続き (28日 9:55)

ハイライト・スポーツ

[PR]