/

松山が最終調整「チャンスはある」 全米OPゴルフ開幕へ

【ラホヤ(米カリフォルニア州)=共同】ゴルフの全米オープン選手権は17日(日本時間同日深夜)からカリフォルニア州ラホヤのトーリーパインズGCで4日間行われ、16日は松山英樹、星野陸也らが最終調整をした。

練習ラウンドで最終調整する松山英樹(16日、トーリーパインズGC)=共同

4月のマスターズ・トーナメント王者として注目される松山は午前に記者会見し「本当にいいプレーができれば(優勝の)チャンスはあると思う」とメジャー2勝目に自信をのぞかせた。

午後は9ホールを回り、グリーン周りの状況を入念に確かめた。同会場では毎年冬場にツアー大会が開催されているが「ラフの芝質が違うし、グリーンも硬い。1月のイメージを消さないと上にはいけない。それに対応できるかが勝負」とメジャーを前に気を引き締めた。

第1ラウンドで松山は前回王者ブライソン・デシャンボー(米国)らと同組となり、午後1時14分(同18日午前5時14分)にスタートする。石川遼、浅地洋佑も出場する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン