オリパラセレクト

フォローする

五輪延期、ロシア歓迎 ドーピング問題「対話の時間」

2020/3/26 21:19
保存
共有
印刷
その他

【モスクワ=共同】ドーピング問題で世界反ドーピング機関(WADA)と係争中のロシアでは、7月開幕予定だった東京五輪が延期されて厳しい状況に対処する時間的な猶予が生まれた。東京への選手派遣の形態さえも未確定の状況が続いており、関係者からは延期に歓迎の声が上がった。

WADAは昨年12月にロシア選手団を東京五輪・パラリンピックなど主要大会から4年間除外し、潔白を証明した選手のみ個人資格で出場を認める処分を決定。ロシア反ドーピング機関(RUSADA)はこれを不服としてスポーツ仲裁裁判所(CAS)に提訴し、聴聞会が5月以降に始まる見込みになっている。

ロシアの懸念は、7月までにCASの裁定が出なかったり、7月までにロシアの主張を却下する裁定が出ても潔白選手の認定作業に時間を要したりして、選手が個人資格でも五輪に参加できない状況に陥ることだった。

RUSADAのガヌス代表は、五輪が7月開幕ならば「残された時間は極めて少なかった」と延期決定を歓迎した。

2015年11月からロシア陸連を資格停止処分としている世界陸連は今月、東京五輪に参加できるロシア選手はドーピング違反がないと認定された上限10人の「中立選手」に限ると決定した。

ロシア陸連のユルチェンコ会長は東京五輪の延期により「世界陸連と建設的な対話を行う時間が生まれた」と歓迎。五輪に参加可能な選手数の増加を含む状況改善へ期待を示した。

オリパラセレクトをMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

五輪関連コラム

パラリンピック関連コラム

電子版トップスポーツトップ

オリパラセレクト 一覧

フォローする
女子決勝 優勝した森秋彩(11日、岩手県営スポーツクライミング競技場)=共同共同

 スポーツクライミングで到達した高さを競うリードのジャパンカップ最終日は11日、盛岡市の岩手県営スポーツクライミング競技場で行われ、8人による決勝で女子は昨年の世界選手権銅メダリストで16歳の森秋彩( …続き (8/11)

岡山市に完成した自転車BMXフリースタイル・パーク専用の室内練習施設で演技する中村輪夢=共同共同

 東京五輪で新採用となる自転車BMXフリースタイル・パーク専用の室内練習施設「ライトBMXパーク」が岡山市に完成し、11日に報道陣に公開された。五輪でメダル獲得が期待される男子の中村輪夢(ウイングアー …続き (8/11)

男子準決勝でホールドに右足をかける楢崎智亜。決勝に進んだ(10日、岩手県営スポーツクライミング競技場)=共同共同

 スポーツクライミングで到達した高さを競うリードのジャパンカップ第2日は10日、盛岡市の岩手県営スポーツクライミング競技場で行われ、男子準決勝は東京五輪代表の楢崎智亜や前回優勝の藤井快(ともにTEAM …続き (8/10)

ハイライト・スポーツ

[PR]