2018年9月20日(木)

ラグビー

ラグビー元日本代表の伊藤が引退へ W杯2度出場

2017/12/7 11:33
保存
共有
印刷
その他

 ラグビーの元日本代表で、トップリーグの下部に当たるトップチャレンジリーグの釜石シーウェイブスに所属する46歳のFW伊藤剛臣が今季限りで引退することが7日、分かった。既にチームには意向を伝えている。

 日本代表として62キャップを持つ伊藤は、強豪の神戸製鋼で1993年からプレーした後、トライアウトを受けて2012年に岩手県の釜石シーウェイブスに加入。釜石で6季目の今季も試合出場を続けていた。ワールドカップ(W杯)には2度出場した。〔共同〕

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップスポーツトップ

ラグビー 一覧

組織委はチケットの売り上げ見込みを当初の約230億円から260億円に上方修正した(6月のイタリア戦)

 2019年ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会の開幕まで20日で1年になった。観客数などから夏季五輪、サッカーW杯に次いで世界で3番目に大きいといわれるスポーツイベント。大会の収支や会場の盛り上げ …続き (19日 23:30)

 ラグビーの2019年ワールドカップ(W杯)日本大会組織委員会は19日、決勝トーナメントを含む全48試合の通常チケットの一般向け抽選販売手続きをオンラインで開始した。期間は11月12日までで、抽選結果 …続き (19日 10:33)

 2020年東京五輪のラグビー7人制で日本の男女に開催国枠が与えられることが17日、決まった。国際統括団体、ワールドラグビー(WR)が発表した。男女各12チームが出場し、日本以外は来年のワールドシリー …続き (18日 10:00)

ハイライト・スポーツ

[PR]