ラグビー

コロナ救済大会案を却下 ワールドラグビー

2020/5/28 11:31
保存
共有
印刷
その他

国際統括団体ワールドラグビー(WR)は27日、イングランド協会元幹部から提案されている、新型コロナウイルスの感染拡大で損害を受けた各国・地域協会の救済を目的とした大会開催について、取り上げる意向がないとの声明を発表した。既に緊急の財政救済戦略と国際日程の調整で議論を進めているとしている。

提案された大会は来年6、7月に日本やワールドカップ(W杯)日本大会優勝の南アフリカなど16チームを招待して英国とアイルランドで行い、2億5千万ポンド(約330億円)の収益を目標にしていた。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

ラグビーのコラム

電子版トップスポーツトップ

ラグビー 一覧

 日本ラグビー協会がトップリーグ(TL)に代わって設立する新リーグの法人準備室室長の谷口真由美理事は1日、オンラインで合同取材に応じ、現在のTL全16チーム、下部トップチャレンジリーグ全8チーム、地域 …続き (1日 20:16)

 【ロンドン=共同】国際統括団体のワールドラグビー(WR)は30日、新型コロナウイルス感染拡大で未開催だった2019~20年シーズンの7人制ワールドシリーズ(WS)の残り試合を中止すると発表した。これ …続き (30日 20:01)

 ラグビーのトップリーグ、パナソニックは29日、ニュージーランド代表117キャップのロック、サム・ホワイトロック、南アフリカ代表としてワールドカップ(W杯)日本大会優勝に貢献したCTBダミアン・デアリ …続き (29日 18:11)

ハイライト・スポーツ

[PR]