/

平昌五輪の選手村開村 北朝鮮国旗も掲揚

平昌冬季五輪の選手村の開村に合わせ、掲げられた各国の国旗。日の丸とともに北朝鮮国旗も掲げられていた(1日、韓国・江陵)=共同

【平昌=共同】9日に開幕する平昌冬季五輪の選手村が1日、開村した。スキーやスノーボードの選手ら約3500人は山間部の平昌、スケートなどの約2700人は日本海に面した江陵の選手村に滞在する。同日、平昌にはノルウェー、江陵にはハンガリー、チェコ、ニュージーランドなどのチームが続々と入村した。

日本選手団の本隊は4日に到着する。各国の選手を歓迎する入村式は5日に始まり、日本は7日に予定されている。

1日に北朝鮮の選手が入村する予定の江陵では日の丸と並んで同国の国旗も掲げられた。韓国国内での北朝鮮国旗の使用は国家保安法違反と見なされるが、今大会では選手村や競技会場など大会運営に必要な場に限り、掲揚が認められる。北朝鮮の入村式は8日に行われる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン