スポーツ > 相撲 > ニュース > 記事

相撲

旭大星が秋場所休場 左アキレス腱断裂

2020/9/17 10:22
保存
共有
印刷
その他

大相撲の東前頭16枚目、旭大星(30)=本名大串拓也、北海道出身、友綱部屋=が秋場所5日目の17日、日本相撲協会に「左アキレスけん断裂。約6週間の加療を要する見込み」との診断書を提出し、休場した。4日目に敗れた志摩ノ海戦で左足を痛めていた。11場所ぶりの再入幕だった今場所は4日目を終えて2勝2敗。

旭大星の休場は2018年秋場所以来3度目(同場所で休場2度)。5日目の対戦相手、明生は不戦勝。今場所の十両以上の休場者は白鵬、鶴竜の両横綱や出場停止処分中の平幕阿炎、所属する玉ノ井部屋で新型コロナウイルスの集団感染が発生した十両の東龍、富士東らに次いで8人となった。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

大相撲のコラム

電子版トップスポーツトップ

相撲 一覧

 大相撲の大関朝乃山は22日、東京都墨田区の高砂部屋で稽古し、報道陣の電話取材に応じた。幕下力士と15番ほど取ったといい「感覚は戻ってきた。26日には番付発表なので、気持ちも高めていく」と言葉に力を込 …続き (22日 20:18)

合同稽古を終え、記念撮影する白鵬=後列中央(22日、両国国技館の相撲教習所)=代表撮影・共同

 大相撲11月場所(11月8日初日・両国国技館)に向け、出稽古希望者を対象とした合同稽古は22日、最終日を迎え、横綱白鵬や関脇御嶽海ら関取8人が国技館内の相撲教習所で汗を流した。これまで参加していた新 …続き (22日 18:09)

 大相撲11月場所(11月8日初日・両国国技館)に向けた合同稽古が21日、国技館内の相撲教習所で行われ、右膝負傷で2場所連続休場中の横綱白鵬が新大関正代に19勝1敗と順調な回復ぶりをアピールした。注目 …続き (21日 16:41)

ハイライト・スポーツ

[PR]