/

オリックスのヒギンスがコロナ陽性 症状なし

プロ野球オリックスは11日、大阪市内の球団施設で調整しているタイラー・ヒギンス投手(29)が、9日に実施した新型コロナウイルス感染を調べる定期のPCR検査で陽性と判定されたと発表した。現時点で感染経路は不明。発熱などの症状はなく、自宅待機している。同投手を除く全選手、スタッフらは陰性が確認されており、チームは活動を継続する。

球団によると、ヒギンス投手は1月17日に来日。入国時のPCR検査で陰性判定を受け、同月31日まで自宅待機した。今月7~9日に大阪市内の球団施設でキャンプC組の練習に参加。この間は自宅と球団施設の往復のみで、外出や、会食などへの参加はないという。宮崎市で練習しているキャンプA、B組の選手らとの接触もなかった。

球団は練習が休みだった10日に施設全体の消毒作業を行った。11日には管轄の保健所から、ヒギンス投手の濃厚接触者はいないとの連絡を受けた。宮崎市内で取材に応じた森川秀樹球団本部長は「復帰については保健所の指示に従う」と説明した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン