/

報徳学園が8強一番乗り、愛工大名電下す 高校野球

第100回全国高校野球選手権大会第12日は16日、甲子園球場で3回戦が行われ、報徳学園(東兵庫)が愛工大名電(西愛知)を7-2で下して、ベスト8一番乗りを決めた。

報徳学園は1点を追う三回に4点を挙げて逆転し、五回に3点を追加した。

第2試合は二松学舎大付(東東京)と浦和学院(南埼玉)が対戦。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン