/

松山英樹は初戦黒星 世界選手権マッチプレー

【オースティン(米テキサス州)=共同】男子ゴルフの世界選手権シリーズ、デルテクノロジーズ・マッチプレーは24日、米テキサス州オースティンのオースティンCCで1次リーグ第1戦が行われ、10組の松山英樹はカルロス・オルティス(メキシコ)に4アンド3で敗れた。

世界ランキング1位のダスティン・ジョンソン、2位のジャスティン・トーマス(ともに米国)は白星発進。ブライソン・デシャンボー(米国)はアントワヌ・ロズネ(フランス)に、ロリー・マキロイはイアン・ポールター(ともに英国)に敗れた。

出場64選手が16組に分かれ、総当たりの1次リーグで各組1位が決勝トーナメントに進む。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン