/

第1シード望月、2回戦で敗退 全米テニス・ジュニア

【ニューヨーク=共同】テニスの全米オープン・ジュニアは4日、ニューヨークで行われ、男子シングルス2回戦ではウィンブルドン・ジュニア選手権覇者で第1シードの望月慎太郎(Team YUKA)がアルゼンチン選手に6-4、6-7、2-6で敗れた。

男子シングルス2回戦でアルゼンチン選手(右)に敗れた望月慎太郎(4日、ニューヨーク)=共同

女子ダブルス2回戦で第3シードの川口夏実(Club Med)とハンガリー選手のペアが、フランス選手とラトビア選手のペアを6-1、6-0で下し、8強入りを果たした。

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン