/

大谷の投球練習、強度上げて球数も増加 エンゼルスGM

【ロサンゼルス=共同】米大リーグ、エンゼルスのビリー・エプラー・ゼネラルマネジャーは13日、一昨年の右肘手術からの投手復帰を目指す大谷翔平がリハビリ中の他の投手と同様の投球練習で「強度を上げ、球数を徐々に増やしている」と球団を通じて明らかにした。

新型コロナウイルスの感染拡大で開幕が延期されたため、キャンプ地から本拠地アナハイムに戻って調整。4月13日に約1カ月ぶりに投球練習を再開している。

当初は5月中旬の復帰が見込まれていた。大リーグは7月4日前後の開幕を協議中で、大谷が投打の「二刀流」でスタートする可能性はある。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン