サッカー

G大阪、13日まで活動休止 コロナ感染防止で

2020/4/2 11:04
保存
共有
印刷
その他

J1のG大阪は2日までに新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、トップおよびU-23(23歳以下)チームの活動を13日まで休止することを決めた。

対象となるのは選手、監督、コーチ、スタッフで、クラブ施設を使う自主練習も休止し、期間中は不要不急の外出を禁止する。クラブ職員も当面は在宅勤務となる。

当初は3月28日から4月3日までオフの予定だった。関西ではJ1神戸、C大阪で2選手とチーム関係者1人の感染が確認されている。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

サッカー 一覧

 J1名古屋は4日、FW金崎の新型コロナウイルス感染を受け、保健所から濃厚接触者と判断された19人のPCR検査を行い、全員が陰性だったと発表した。
 19人は金崎が5月27~29日にかけて参加したグルー …続き (16:43)

ブレーメン戦の後半、競り合うEフランクフルトの長谷部(中央)=共同

 【ベルリン=共同】サッカーの海外各リーグは3日、各地で行われ、ドイツ1部で長谷部誠と鎌田大地のアイントラハト・フランクフルトは大迫勇也のブレーメンに3―0で快勝した。フル出場した長谷部は通算308試 …続き (11:07)

 新型コロナウイルスの影響による中断が明けたサッカーのオーストリア1部リーグで3日、ラピッド・ウィーンの北川航也はアウェーのザルツブルク戦に0―1の後半27分から出場したが、チームは0―2で敗れた。ザ …続き (11:06)

ハイライト・スポーツ

[PR]