/

競泳・孫楊の資格停止処分無効 スイス連邦裁、五輪出場に道

【ジュネーブ=共同】世界反ドーピング機関(WADA)は23日、競泳男子五輪金メダリストの孫楊(29)=中国=によるドーピング検査妨害を巡り、同選手に科されていた8年間の資格停止処分をスイス連邦裁判所が無効にしたと発表した。係争はスポーツ仲裁裁判所(CAS)に差し戻しとなり、孫楊は東京五輪出場の道が残った。

2012年ロンドン、16年リオデジャネイロ両五輪で金メダルに輝いた孫は、18年9月に自宅で抜き打ち検査を受けた際に警備員が血液検体の容器を壊したとされる。国際水泳連盟が出した警告処分は軽いとしたWADAの訴えを受け、CASが2月に資格停止8年とする判断を下した。孫は処分の見直しを求めスイス連邦裁に上訴していた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン