/

菅原らアシスト、酒井・長友は途中交代 海外サッカー

【ミラノ(イタリア)=共同】サッカーの海外各リーグは23日、各地で行われ、イタリア1部(セリエA)でボローニャの冨安健洋はアタランタ戦で0-2の後半28分に今季初ゴールを決めた。フル出場し、試合は2-2で引き分けた。サンプドリアの吉田麻也はサッスオロ戦で0-1の後半10分に同点ゴールをアシスト。同29分に交代し、チームは2-3で敗れた。

フランス1部でマルセイユの酒井宏樹は1-2で敗れたアンジェ戦の前半のみ出場し、長友佑都は後半29分までプレー。ストラスブールのGK川島永嗣はパリ・サンジェルマン戦にフル出場し、試合は0-4で大敗した。スペイン1部でエイバルの乾貴士は1-2で逆転負けしたアラベス戦の後半15分までプレー。武藤嘉紀は右太もも裏の違和感でベンチ外だった。

オランダ1部でAZアルクマールの菅原由勢は3-1で勝ったフィテッセ戦にフル出場し、チームの3点目をアシストした。ズウォレの中山雄太とファンウェルメスケルケン際は、デンハーグ戦でそれぞれアシストして2-0の勝利に貢献。フローニンゲンの板倉滉は0-1で敗れたヘラクレス戦にフル出場した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン