サッカー

長谷部、アジア選手の最多出場記録に並ぶ 海外サッカー

2020/6/4 11:07
保存
共有
印刷
その他

【ベルリン=共同】サッカーの海外各リーグは3日、各地で行われ、ドイツ1部で長谷部誠と鎌田大地のアイントラハト・フランクフルトは大迫勇也のブレーメンに3-0で快勝した。フル出場した長谷部は通算308試合目で、リーグによると元韓国代表の車範根の持つアジア選手の最多出場記録に並んだ。鎌田は3戦連続ゴールはならず後半32分に交代。大迫は同31分までプレーした。

ブレーメン戦の後半、競り合うEフランクフルトの長谷部(中央)=共同

ブレーメン戦の後半、競り合うEフランクフルトの長谷部(中央)=共同

新型コロナウイルスの影響による中断が明けたポルトガル1部では、ポルティモネンセのGK権田修一が1-0で勝ったジル・ビセンテ戦にフル出場。オーストリア1部でラピッド・ウィーンの北川航也はザルツブルク戦の後半27分からプレーし、チームは0-2で敗れた。

保存
共有
印刷
その他

サッカーのコラム

電子版トップスポーツトップ

サッカー 一覧

 Jリーグは8日、全選手やスタッフ、審判員を対象とした新型コロナウイルスのPCR検査で、陽性反応はなかったと発表した。2~5日に3182件の検体を採取し、陰性は3054件。検体不足などで結果が確定して …続き (15:40)

 【ロンドン=共同】サッカーの欧州クラブ協会(ECA)は7日、新型コロナウイルスの影響で、今季と来季の欧州55カ国・地域のクラブチームの減収が合計で40億ユーロ(約4840億円)に上る見込みだとの調査 …続き (12:08)

 Jリーグの村井満チェアマンは7日、実行委員会後にオンラインで記者会見し、審判員のPCR検査を4日から始めたことを明らかにした。選手同様に全審判員も公式戦再開前の検査対象としていたが、プロではなく他の …続き (7日 17:53)

ハイライト・スポーツ

[PR]