/

栃ノ心が休場、大関復帰は絶望的に 大相撲九州場所

大相撲九州場所5日目の14日、西関脇の栃ノ心(32)=本名レバニ・ゴルガゼ、ジョージア出身、春日野部屋=と、新入幕の東前頭16枚目、若隆景(24)=本名大波渥、福島県出身、荒汐部屋=が休場した。栃ノ心の師匠、春日野親方(元関脇栃乃和歌)は「1週間やそこらで治る感じではない」と述べており、10勝以上を挙げての2度目の大関復帰は絶望的になった。

栃ノ心は、2勝目を挙げた4日目の平幕宝富士戦で右腹部付近を痛めた。休場は7月の名古屋場所以来で10度目。5日目の対戦相手、大栄翔は不戦勝。

初日から連勝していた若隆景は日本相撲協会に「右足部ショパール関節脱臼で約1カ月間の治療を要する見込み」との診断書を提出した。4日目に勝った照強戦で負傷した。休場は三段目最下位格付け出しで初土俵の2017年春場所以降初めて。5日目の対戦相手、輝は不戦勝。

今場所の十両以上の休場者は横綱鶴竜、大関豪栄道ら7人となった。〔共同〕

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン