その他スポーツ

パリ五輪、12月に種目決定 東京延期も年内決定の方針変えず

2020/6/11 11:18
保存
共有
印刷
その他

【ジュネーブ=共同】国際オリンピック委員会(IOC)は10日の理事会で、2024年パリ五輪で実施する全32競技の種目と選手数を12月に決定する方針を確認した。IOCによると、計20の国際競技連盟(IF)が種目変更を要望している。新種目は既存施設での実施を条件とし、選手枠は追加競技も含めて夏季五輪の上限1万500人に収める。

四つの追加競技候補のうち、初採用のブレイクダンスを除くスケートボード、スポーツクライミング、サーフィンは東京五輪で実施状況を検証する予定だった。新型コロナウイルス感染拡大の影響で東京五輪は来夏に延期となったが、選手や競技会場の準備に及ぼす影響を考慮し、年内決定の従来計画は変えなかった。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

その他スポーツ 一覧

 防府読売マラソンの大会事務局は12日、今年の大会を予定通り12月20日に山口県防府市のコースで開催すると発表した。新型コロナウイルス感染防止のため、参加人数を昨年の約3500人から400人ほどに減ら …続き (19:31)

 オートバイの鈴鹿8時間耐久ロードレース(8耐)の主催者は12日、三重県の鈴鹿サーキットで、10月30日~11月1日に予定されていた今年の大会を中止すると発表した。新型コロナウイルス感染拡大の影響で、 …続き (18:07)

「高校女子サマーチャレンジカップ」の第1試合で対戦する丹生(左側)と岐阜総合学園(12日、川崎重工ホッケースタジアム)=共同

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で全国高校総合体育大会が中止されたことを受け、岐阜県の各務原市ホッケー協会が独自に主催した「高校女子サマーチャレンジカップ」が12日、同市の川崎重工ホッケースタジアム …続き (16:37)

ハイライト・スポーツ

[PR]