/

アストロズのWシリーズ王座剥奪せず サイン盗みで

【アスペン(米コロラド州)=共同】米大リーグ機構(MLB)のマンフレッド・コミッショナーは22日、アストロズが2017~18年途中まで不正なサイン盗みを行っていたと認定した報告書の発表後初めてテレビの取材を受け、17年のワールドシリーズ(WS)の王座を剥奪する考えはないことを明らかにした。フォックス・ビジネスの番組で表明した。

WSで敗れたドジャースの本拠地ロサンゼルスでは、市議会が21日に同球団にタイトルを与えるようMLBに求める決議を採択。しかしコミッショナーは「(不正がなければ)ドジャースが王者になっていたとは限らない。野球界では起きたことは変えないという伝統がある」と述べた。同様の疑惑が持たれている18年のWS覇者レッドソックスについては、調査が継続中として明言を避けた。

またウォール・ストリート・ジャーナル紙(電子版)は、問題の調査にあたってMLBが選手は不問にするとの取り決めを大リーグ選手会と結んでいたと報じた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン