その他スポーツ

箱根駅伝、青学大が3年ぶり往路優勝
東海大は4位

2020/1/2 14:38
保存
共有
印刷
その他

3年ぶり4度目の往路優勝を果たし、ゴールする青学大の飯田貴之(2日、神奈川県箱根町)=共同

3年ぶり4度目の往路優勝を果たし、ゴールする青学大の飯田貴之(2日、神奈川県箱根町)=共同

第96回東京箱根間往復大学駅伝第1日は2日、東京・大手町から神奈川県箱根町までの5区間、107.5キロに関東の20校とオープン参加の関東学生連合を加えた21チームが参加して行われ、青学大が5時間21分16秒で3年ぶり4度目の往路優勝を果たした。

国学院大が1分33秒差の2位。東京国際大が3位と健闘し、総合連覇を狙う東海大は4位につけた。

3日の復路は5区間、109.6キロで争われる。大会は1920年の第1回から100年の節目を迎えた。〔共同〕

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

その他スポーツ 一覧

 競泳の国際リーグは3日、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で東京五輪が延期されたことを受け、五輪開催までの間、契約選手に資金を提供すると明らかにした。9月から来年7月まで毎月支払う。同リーグは「来年 …続き (12:56)

 日本陸連は3日、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、6月25~28日に開催予定だった日本選手権(大阪市)と、同13~14日の日本選手権混成競技(長野市)を秋に延期すると発表した。9月下旬から10 …続き (3日 21:38)

 日本陸連は3日の強化委員会でマラソン、競歩の東京五輪代表に決まっている男女12人の代表権を維持する方針を確認した。男子20キロ競歩は選考会を全て終えており、麻場一徳強化委員長はその結果で最後の1枠を …続き (3日 21:28)

ハイライト・スポーツ

[PR]