/

中央競馬、16年ぶり女性騎手誕生 藤田さんが合格

調教を終え厩舎に向かう藤田菜七子さん(美浦トレーニングセンター)=共同

日本中央競馬会(JRA)は11日、2016年度の新規騎手免許試験の合格者を発表し、競馬学校騎手課程(3年間)を卒業した藤田菜七子さん(18)=茨城県出身=ら6人が合格した。

中央競馬での女性騎手誕生は、2000年の西原玲奈さん以来16年ぶりで、通算7人目。3月にデビューする見込み。

中央競馬では1996年に増沢(旧姓牧原)由貴子さんら3人が初の女性騎手となり、西原さんまで6人が在籍した。2013年に増沢さんが引退した後は女性騎手不在となっていた。地方競馬には6人の現役女性騎手がいる。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン