/

バスケ八村、代理人事務所と契約 NBA挑戦で注目

【ロサンゼルス=共同】全米大学体育協会(NCAA)1部のゴンザガ大から米プロバスケットボールNBA挑戦を表明した八村塁が、大手代理人事務所のワッサーマンと契約したと、同事務所が1日、公式ツイッターで公表した。八村は6月20日のNBAのドラフト会議で上位指名されるか注目を集めている。

ワッサーマンには、NBAのグリズリーズとツーウエー契約の渡辺雄太や、サンダーのスター選手ラッセル・ウエストブルックも所属する。米大リーグではカブスのダルビッシュ有、ドジャースの前田健太ら多くの有力選手が顧客になっている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン